西之表市役所 地域支援課

医療・介護のおしごと体験モニターツアー種子島・にしのおもて市

透き通る海、満点の星空。自然溢れる種子島で自分らしい暮らしを 透き通る海、満点の星空。自然溢れる種子島で自分らしい暮らしを

西之表市は鹿児島県の南洋沖にある種子島。種子島北部に位置します

看護師、介護士の皆さんへリアルな離島暮らしの第一歩 看護師、介護士の皆さんへリアルな離島暮らしの第一歩

医療現場や島民との交流を通じて2泊3日の種子島・西之表市を体験しませんか?

日時:10/9土・10日・11月参加費:5,000円(定員2名)

種子島・西之表市の医療・介護従事者向けの移住体験ツアー。
種子島医療センターで仕事体験。
西之表市グルメ、スターウォッチング、サンセットヨガなど島の魅力を堪能。
先輩移住者との交流会や就職支援説明会……。
一般の旅行では味わえない「おためし移住体験」をしてみませんか?

「医療・介護職の資格を持つ首都圏の20~40代の女性」の方が対象です。

  • サンセットヨガ
  • 浦田海水浴場
  • サーフスポット
  • 奥神社のアコウ
  • 種子島鉄砲まつり
  • シーカヤック体験
  • スターウォッチング
  • サンセットヨガ
  • 浦田海水浴場
  • サーフスポット
  • 奥神社のアコウ
  • 種子島鉄砲まつり
  • シーカヤック体験
  • スターウォッチング

ツアーに参加希望の方は説明会にご参加ください。 ツアーに参加希望の方は説明会にご参加ください。

種子島・西之表市の魅力 種子島・西之表市の魅力

自分らしい理想のライフスタイルがここでなら見つかる。 自分らしい理想のライフスタイルがここでなら見つかる。

鉄砲伝来、ロケット、サーフィンのメッカとして人気の種子島。美しい青い海に囲まれ、自然が残る農村風景が広がる種子島の北部に位置する西之表市。種子島の物流、経済、行政の中心地で、人口はおよそ1万5千人。今や全国ブランドとなった安納いもの発祥の地で、農業を基盤に、観光にも力を入れています。

シーカヤックの様子
自然

四季を通じて様々な草花に囲まれた島で自給自足の生活。子ども達を自然のなかで育てたい。真っ青な海で出勤前にサーフィンを楽しむなんてライフスタイルを送っている人もいます。

種子島医療センターの様子
仕事

外来診療、入院、リハビリステーションなど地域の医療の中心施設である種子島医療センターをはじめ、医療・介護分野でのお仕事を紹介します。

交流会の様子
人

島の人たちは親切な人が多く、地域の行事などで絆を感じることも多いはず。移住してきた人も多く、先輩移住者を通じて地域コミュニティにも自然に溶け込めます。

西之表市が求めるのはこんな人 西之表市が求めるのはこんな人

少しでも当てはまれば気軽に説明会に参加してください。 少しでも当てはまれば気軽に説明会に参加してください。

移住について考えている,田舎暮らしを体験したい,自然豊かな環境で生活したい,看護・介護の分野で働きたいと思っている,離島医療に憧れがある,自然が好きアウトドアが大好き,年中サーフィン三昧の生活,のびのび子どもを育てられる場所を探している,仕事と生活を両立させたい 移住について考えている,田舎暮らしを体験したい,自然豊かな環境で生活したい,看護・介護の分野で働きたいと思っている,離島医療に憧れがある,自然が好きアウトドアが大好き,年中サーフィン三昧の生活,のびのび子どもを育てられる場所を探している,仕事と生活を両立させたい

2泊3日医療・介護のおしごと体験モニターツアーの内容 2泊3日医療・介護のおしごと体験モニターツアーの内容

ちょこっとだけ現地ツアーの内容をお見せします。 ちょこっとだけ現地ツアーの内容をお見せします。

●一日目 = 羽田空港~鹿児島空港~種子島空港/オリエンテーション&昼食(生パスタイタリア大衆酒場 小麦屋)/市内生活環境視察(市役所・公共施設・学校等)/スーパー(プラッセ・だいわ)見学、買い物など自由時間/ホテル(種子島あらき)へチェックイン/サンセットヨガ(LOTUS BEACH TANEGASHIMA)/夕食(味処井元)/スターウォッチング ●二日目 = 種子島医療センター・寮見学/介護施設見学/昼食(CONNECT)/医療・介護現場体験※訪問医療・介護も同行/自由時間/先輩移住者との交流会(御馳走処平八、スナックれもんてい) ●三日目 = 市の就職支援説明(まちかどインフォメーション)/島元気郷(とうげんきょう)たねがしま定住促進住宅・移住交流体験住宅(短期滞在型)の見学
種子島空港発~鹿児島空港~羽田空港 ●一日目 = 羽田空港~鹿児島空港~種子島空港/オリエンテーション&昼食(生パスタイタリア大衆酒場 小麦屋)/市内生活環境視察(市役所・公共施設・学校等)/スーパー(プラッセ・だいわ)見学、買い物など自由時間/ホテル(種子島あらき)へチェックイン/サンセットヨガ(LOTUS BEACH TANEGASHIMA)/夕食(味処井元)/スターウォッチング ●二日目 = 種子島医療センター・寮見学/介護施設見学/昼食(CONNECT)/医療・介護現場体験※訪問医療・介護も同行/自由時間/先輩移住者との交流会(御馳走処平八、スナックれもんてい) ●三日目 = 市の就職支援説明(まちかどインフォメーション)/島元気郷(とうげんきょう)たねがしま定住促進住宅・移住交流体験住宅(短期滞在型)の見学
種子島空港発~鹿児島空港~羽田空港

先輩移住者の声 先輩移住者の声

ひと足先に理想の暮らしを見つけた先輩移住者からのメッセージ。 ひと足先に理想の暮らしを見つけた先輩移住者からのメッセージ。

移住1年目平良さんの生活の様子 移住1年目平良さんの生活の様子

Tさん 30代 1児のシングルマザー 移住1年目

生まれは沖縄県で移住前は茨城県の実家に住んでいました。今の暮らしから出て新しいことをしたいという思いがり、西之表市の移住担当者に相談し移住を決意しました。はじめは、仕事のことや住まいのこと、本当に1人でやっていけるのか不安でしたが、市役所の方が丁寧に対応してくれたので少しずつ不安材料は消えて移住に挑むことができました。

移住してからは、隣に住んでいる家族の方々が親切にしてくれています。特に、奥さんが私と同い年で、同じ小学校に子どもを通わせていることで意気投合しました。今では子ども達がお隣家族の家に遊びに行ったり、逆に遊びに来たりすることもありますが、お互いちゃんと距離感を持った良い間柄です。

地域の方みなさんが子どものことを把握しているので、見守りや時には注意してくれることがあることで安心して子どもが1人で遊びに行かせることが出来ます。学校にも本当に楽しそうに通っていて、いつも「楽しかった!」と言って帰ってくるし、放課後も年齢に関係なく遊ぶ姿を見て良い経験ができているなぁと感じます。

移住の段階で仕事についても色々相談に乗ってもらったので、すぐに移住前と同じヘルパーの職が見つかりました。

地域の方に頼ってもいいこの環境は、シングルマザーの私にとって助かります。今まで心にゆとりがもてない日々もありましたが、改めて自分のために使える時間と海や山、自然溢れる種子島でたくさんパワーを充電できるので、現状を変えたいと思っている方へ種子島への移住はおススメです!

西之表市の取り組み 西之表市の取り組み

西之表市では移住者を支援する制度があります。 西之表市では移住者を支援する制度があります。

西之表市移住者定住支援補助金100万円。東京23区内、もしくは東京圏(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県※一部地域を除く)から移住された移住された世帯で、高齢独居者等の見守りを行うことのできる医療・介護従事者が対象。移住・就職後3ヶ月後に申請できます。 西之表市移住者定住支援補助金100万円。東京23区内、もしくは東京圏(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県※一部地域を除く)から移住された移住された世帯で、高齢独居者等の見守りを行うことのできる医療・介護従事者が対象。移住・就職後3ヶ月後に申請できます。

もっと詳しく知りたい方は

種子島・西之表市移住支援情報サイト「西之表市に住もう!」

Q&A

Q.

自治活動について教えてください。

A

自治会は、会員である住人から集める自治会費1,000円〜5,000円程度)で運営され、地域住人が快適に生活できるように活動します。地域の清掃や消防訓練、敬老会や運動会、祭りの企画運営などの活動があります。総会が年度始めに開催され、事業計画や前年度の決算報告があります。また、班活動として、月2回行政からの文書を回覧しています。

Q.

気候が気になります。

A

年間平均気温19度。亜熱帯気候で一年中、温暖な南の島のイメージがありますが、冬場は季節風(偏西風)が吹き荒れ、体感温度が低く寒い日が続きます。昔は「台風銀座」と呼ばれていた種子島。現在、台風の上陸は年2〜3回程度となっておりますが、初めて体験する人は驚くでしょう。

Q.

インターネット・スマートフォンは問題なく使えますか?

A

光ケーブルが敷設されていて、西之表市では、光ファイバーによる超高速ブロードバンドサービスを利用出来ます。携帯電話は、NTTドコモ・au・ソフトバンクはほぼ全域で利用可能です。

Q.

医療機関は充実していますか?

A

総合病院をはじめ、産院を含めた医院や歯科医院があり、急患搬送は救急指定病院が対応します。日曜・祝祭日も、休日当番医院で診療できますが、島内で対応できない場合、ヘリコプター(ドクターヘリ)により鹿児島本土へ搬送します。

Q.

交通手段を教えてください。

A

種子島~鹿児島間は、高速船、フェリー、飛行機等が行しており、1日あたりの輸送人員は片道約3,000人。島内には鉄道が無く、港や空港をつなぐ路線バスが1日数本運行しています。公共交通は運行していますが、自家用車も必需品です。

Q.

子どもを預けることはできますか?

A

西之表市では待機児童ゼロを実現しています。幼稚園は市街地に4園あり、保育園も市街地に4園、市街地外に5園あります。また、登録制の子育て援助活動の組織や小学生を対象とした「放課後児童クラブ」を運営している地域もあります。

Q.

小学校、中学校、高校について教えてください。

A

西之表市には11の小学校がありますが、全体の75%近い児童が市街地付近の2校に集中しています。市街地外にある学校では、1学年の人数が少なく、複式学級の学校が多くなってきています。
中学、高校はそれぞれ1校ずつあり、市内全域からの通学が必要なため、中学生はスクールバスを利用するか、保護者が送迎しています。高校生は、徒歩・自転車通学や規定を満たせばバイク通学が認められています。

Q.

余暇の楽しみ方はどのようなものがありますか?

A

サークル等に所属してテニスやバレーボール、体操などスポーツしている方を多く見かけます。また、地域でのスポーツ大会も盛んです。海に囲まれているので、サーフィン・磯釣り・磯遊びも身近にできます。文化活動としてボランティア活動や市民講座・高齢者学級などの生涯教育にも参加できます。